税理士の監督は、財務大臣名で国税庁が担当しています

税務に関する専門家として税理士があります。
所定の国家試験に合格して、日本税理士会連合会に登録していることが求められます。
税務についての専門家として、公正な立場で、申告納税制度の理念にのっとり、納税義務者の信頼に応え、租税に関する法令に規定された納税義務の適正な実現を図ることを使命としています。
そして、業務として、他人の求めに応じ、税務書類の作成、税務相談、記帳業務、税務代理等を行うこととされています。
なお、記帳業務は税理士だけの独占業務ではありません。
ですから、記帳代行会社が業務を行っているのです。
昨今は、会計ソフトが発達し普及したこともあって、自分の会社の中で経理事務を円滑に行えるようになってきています。
また、小規模事業者が約40万社も減少したことも影響して、記帳業務が劇的に少なくなってきています。
会計事務所の業務としては、記帳業務が占めている比率は、中小企業に対してはほぼ皆無に近い状態になってきています。
なお、税理士の言動に対する監視監督は、財務大臣の名でもって国税庁が担当しています。
大変に稀ではありますが、ときによっては、懲戒処分を受けることもあり、国税庁のWEBサイトに氏名が掲載されることとなります。

税理士の相談料の目安について知っておくと

起業した場合は自分で税理士を選んでお付き合いを行っていく必要がありますが、起業して間もない場合だと色々な場面で敷居が高く感じられてしまうものです。
相談に乗ってくれないかもしれないという根本的な悩みから請求される相談料に至るまで不安材料は多々あります。
ところが、税理士というのはサービス業と言っても過言ではない事から軽い気持ちで相談に乗ってくれる事が多いですし、中には初回の相談料を無料にしてくれる事務所も存在します。
しかし、気持ちの面では気軽だとしても請求される料金が高額な場合はお世話になることができません。
相談料によって本業が金銭的に圧迫されるような事は避けなければならないので予めおおよその相場を理解しておくと安心です。
各々の事務所によって差異があるので一言で言うことは難しいのですが、基本的には30分から1時間程度で5千円という設定をしている場所が多いようです。
長期間にわたる事案ではなく、贈与税のようにその都度発生する相談事の場合は1度で解決することが多いので5千円の出費と考えておいて問題無いでしょう。
また、毎月の記帳を代わりに行って頂くというような契約を締結した場合は1万円から3万円程度です。

おすすめWEBサイト 8選

アンドモワ株式会社が運営する「個室居酒屋しょうゆうこと」について紹介するサイト。

アンドモワ株式会社が運営する居酒屋

患者さまに負担の少ない、無痛治療を実践しております。

徳島市 歯科

完全個室・完全予約制で予約時間の診療を、お一人のみに限定しております。

マウスピース矯正 東京

厨房機器・業務用キッチン用品を無料出張にて高額査定しています。

厨房機器の買取を検討する

人気エリア地下鉄勾当台公園~地下鉄旭が丘駅の、賃貸アパート・マンションを掲載しています。

仙台の賃貸を探す

忙しくて時間がない方でも診療可能な心斎橋の歯科

歯科 心斎橋

最終更新日:2016/12/8